TOP > コラム > DIYで木製プランターを作りましょう!Vol.2
対策情報
2020/07/28

DIYで木製プランターを作りましょう!Vol.2

「DIYで木製プランターを作りましょう! Vol. 1」で紹介した女性DIYクリエイターに設計していただいたプランターを自分で作りました。

 先ずは、木取図(「DIYで木製プランターを作りましょう! Vol. 1」参照)を持ってホームセンターに行き、木材を買って、加工室で木取図の通りにカットしてもらいました。



 カットしてもらった木は毛羽だった部分をブロックサンダーかサンドペーパーで研磨し、削り粉をウエスで払い落とします。



 組み立てる前に防腐防虫防カビ効果のある水性クレオトップを塗って行きます。水性クレオトップは、臭いもほとんどなく、水性なので使い終わった刷毛は水洗いするだけで簡単です。ブラウン、ライトブラウン、ブラック、クリアの4色がありますが、今回はブラウンを使いました。缶の蓋は、マイナスドライバーや缶オープナーで開け、中身をよくかき混ぜます。



 水性クレオトップを水性塗料用の刷毛で木目に沿って、よく染み込ませるように塗ります。特に木口(木材繊維と直行する方向に切断した部分)は、木材腐朽菌やシロアリが侵入しやすい部分なので、念入りに染み込ませます。2時間乾燥させて2回目を塗ります。

 弊社では紙コップを逆さにした上に塗った木を置いて乾かします。



 水性クレオトップの2回目を塗って2時間乾燥させたら、組み立てをします。木が割れないようにドリルで下穴を開けてから、ステンレスビスを打ち込みます。

 プランターの底板には、ボアビットで水抜きの穴を開けます。



 ビスを打ち込んだ部分、底板に穴を開けた部分は水性クレオトップをスポイトで垂らし、補修します。







 3種類のプランターが完成しました。ウッドプランター600は、今回は設置場所に合わせてダウンサイジングしてあります。

 完成したウッドプランター600に土を入れ、寄せ植えを作りました。





 ウッドプランター300にはピラミッドアジサイ、ウッドプランター縦型300にはオリーブを植えました。3種のウッドプランターのおかげで我が家の玄関がにぎやかになりました。水性クレオトップは、防腐防虫防カビ効果に優れ、塗膜を作らないため木材の風合いを損なわず、自然な着色で木目を美しく表現します。皆様もウッドプランターを作って、水性クレオトップを塗ってみてください。「DIYで木製プランターを作りましょう! Vol.1」https://www.ysds.co.jp/blog/2020/07/10/110には、ウッドプランターの木取図、完成図を掲載しています。(善)

・水性クレオトップの製品ページはこちらです。