TOP > コラム > 大久保駅周辺でのシロアリ被害
事例
2018/12/28

大久保駅周辺でのシロアリ被害

コラム

東京の大久保駅近くでシロアリの被害を発見しました。赤丸の箇所の柱が上部2メートル程度シロアリに食われていました。関東でよく発見されるヤマトシロアリは、地下シロアリと総称され地中から基礎などに蟻道(シロアリの糞や土で固めたトンネル)を作り土台、根太、大引きや床上の柱まで上がってきて食害してしまいます。新築時に床下だけではなく、基礎天端から1mの範囲をシロアリ防除薬剤処理するのはこの為です。

↓近寄ってみるとシロアリが柱をボロボロになるまで食害していました。

↓蟻土の痕跡も発見しました。

周辺にこれといった自然があるわけではないのにシロアリの被害があったのは驚きでした。恐らく住宅の建材から建材に群飛してこの場所を巣にしてまた群飛していったと考えられます。都会にお住まいの方も定期的なシロアリ予防をすべきと改めて感じました。

・白アリスーパーPHIの情報はこちらです。