TOP > コラム > 白アリスーパー土壌用SC50試験施工
対策情報
2018/09/11

白アリスーパー土壌用SC50試験施工

コラム
6月某日東京都調布市の木造住宅で試験施工の機会をいただきました。木部は先に工務店様が施工しているので弊社は土壌剤のみ施工で、薬剤は新製品の白アリスーパー土壌用SC50を使用しました。
↓本来50倍に希釈して1L/m散布しますがベタ基礎なので17倍に希釈して0.33L/m散布します。ベタ基礎の場合、土壌と比べ浸透が悪いため希釈倍率を低くして必要有効成分量を確保します。

↓シロアリ薬剤からの防護と共に床下はホコリやカビが舞っている環境なのでゴーグル、活性炭入り防毒マスク(塗装用マスクも可)、軍手、使い捨てのツナギで装備します。これらの備品はホームセンターで購入できます。

↓ブルーシート、コロナマスカー(テープとビニルシートのセットになったもの)で周囲をきちんと養生して床下収納庫から床下に進入します。

↓20cm幅で基礎内側床面に帯状散布しています。外気は30度を超していましたが床下はわりと涼しいです。

↓ときおり地上に出て計算通りに散布できているのかよく確認します。

希釈倍率の調整により薬剤が流れ出ることなく適切な処理ができました。ベタ基礎の建物でも立上がり部との打ち継ぎ、配管の貫通部などからシロアリが侵入しますので土壌処理をおすすめします。
・白アリスーパー土壌用SC50の紹介ページはこちら